私が、人生で初めて恋愛,セックス,会話を意識して、女性を好きになった時

私は、初めて女性を好きになったのは小学校の高学年である5年生の時であると、記憶してい

ます。理由として、私は、その好きになった相手の女の子の顔が、目がぱっちりしていて愛く

るしい顔をしていて、とても「可愛い」という感情を抱いていました。後は、その女の子がど

の男の子にも嫌う事なく、フレンドリーに接する姿勢がとても気に入ったのです。

勿論相手の女の子もまだ小学生ですから、大人のグラビアアイドルの女性の様に、おっぱいや

お尻が大きくてウエストが締まっているといった、ダイナマイトボディの様な身体ではありま

せん。

しかし、とにかくその女の子は笑顔が可愛くて、同じ学年のどの男の子に対しても、愛想良く

振舞いつつ話しかけてくれていたのを覚えています。私は、そんな恋愛,セックス,会話の点で

魅力的な彼女の姿を見るのが楽しみで、彼女と話をする事で、彼女が私に笑顔で話しかけてく

れる事を期待していました。

とにかく、私は彼女と話がしたいが為に、毎日学校に行っていた様な記憶が有ります。この当

時の私は、幼少期から続いている女の子の「おっぱい」「お尻」「股間」を見たいという、女

性の身体自体に関する興味は引き続き有りました。

ですが、それよりも恋愛,セックス,会話の点で女の子との会話を通じて、その女の子との同じ

考え方・価値観を共有したいという、女の子との心の繋がりや感情の交わりを欲しがっていた

様な気がします。この点では、私は幼少期よりも感情の点で、大人に近い感覚を持つ様になっ

ていたのかも知れません。

しかし、更に恋愛,セックス,会話の点で女の子との会話を通じて、その女の子との同じ考え

方・価値観を共有したいという、女の子との心の繋がりや感情の交わりを求めたいのならば、

以下の

恋愛,セックス,会話の成功方法を教える,知る,学ぶ教材

 

を使って勉強する事によって、自分自身を成長させる事が必要です。

最後に、ふと改めて振り返ると、私は体育の授業の時に好きな彼女が体育座りをしている状態

になると、彼女の体育着やブルマからはみ出る「おっぱい」「お尻」「股間」を見逃すまい

と、隙があれば凝視して見ていました。やっぱり、私はただの変態ですね。

オチを付けた所で、今日はこの辺で終わります。

また、次回のブログをお楽しみに!

前生幸成でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする