恋愛,セックス,会話を意識していたのに、行動に移せなかった大学時代の恋愛状況

私は、東京都内のキリスト教プロテスタント系の教育をしている私立高校を卒業後、東京都内

の私立大学に進学しました。その大学は、都心にあり勿論共学校の大学に進学しました。この

点で言うと、私は、恋愛,セックス,会話を意識していて高校時代の欲求を持ち続けていたのか

もしれません。そして、私が進学した大学の学部学科は、他学部と比較して女性が多い学部学

科でした。これは意識していたわけではなく、たまたまです。

しかし、恋愛,セックス,会話を意識していて高校時代に欲求を持ち続けていたにも拘らず、し

かも、上記の様に大学で女性が多い学部学科に入れたにも拘らす、私は、このチャンスを生か

す事が出来ませんでした。

理由はいくつかありますが、大きな理由は、私自身が女性に対して積極的に話しかける事が出

来ない内気な性格だったという事と、私自身に男性としての魅力がまだまだ身に付いていなか

った事が挙げられます。

私は、高校時代と比較して、女性と連絡を取れる手段である携帯電話を持てる様になっていま

したし、女性が多い学部学科に在籍していたので、少なからず恋愛をする上で環境は良くなっ

ていた筈です。そして、「大学に入学したら女性と思いっ切り恋愛をしたい!」という気持ち

は常に持っていました。

しかし、その気持ちとは裏腹に女性に対して積極的に行動を起こせないというのは、本当に矛

盾した状態であり、私は自分自身に対して腹が立つと同時に、悲しい気持ちになりました。現

在になって、当時の状態を考えると、何故自分はあの当時、もっと積極的に女性に対して行動

を起こせなかったのかを、日々後悔して自問自答する毎日です。

恋愛を成就する上においてとても大事な事は、恋愛をする上で絶対に達成したいと考える目標

を立てて、なぜその目標を達成したいのかといった理由を明確にして、その目標に向かって突

き進むにあたり邪魔となる様々な問題や要因を見つけて、それをいかに解決し排除するかが、

大事になると思います。この問題を解決する具体的な方法としては、以下の

恋愛,セックス,会話の成功方法を教える,知る,学ぶ教材

 

を使って勉強する事によって、自分自身を成長させる事が必要です。

今日はこの辺で終わります。

また、次回のブログをお楽しみに!

前生幸成でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする