私が、二回目に女性器で膣内射精をした時

私が、二回目に女性器で膣内射精をした時

以前の私は、男性の立場や視点から見たセックスというものは、男性器を女性器の中に挿入して腰を動かす事によって、肉体的快楽(オーラルセックス・愛撫・射精等)と精神的快楽(愛してるといった言葉を通じて愛する人との心のつながり感じる等)が簡単に得られるものであると考えていました。

私が、三回目に告白した女性について

私が、三回目に告白した女性について

私が、恋愛,セックス,会話を意識して、三回目に女性をデートに誘い告白した彼女は私に対して、好意を抱いていた訳ではないと思いますが、私に対しては常に笑顔でフレンドリーに接してくれました。私は、女性ながらも男性的なたくましさを見せてくれる彼女に対して、彼女の人間的な魅力を再確認して心底惚れてしまい、恋愛感情を抱きました。

私が、二回目に告白した女性について

私が、二回目に告白した女性について

私が、人生で二回目に恋愛,セックス,会話を意識して、女性をデートに誘い告白したのは、社会人として働いていた28歳の時でした。 その女性は、同じサンドイッチ屋さんで同時期に入社して働いていた、私より多少若い女性でした。 私は、そこの職場において、2か月で辞める事になっていました。その事を、彼女に話したら、私が辞める事に対して凄く悲しんでくれていたので、私は次第に、その様な優しい彼女に対して恋愛感情を抱きました。

私が、人生で初めて女性器で膣内射精をした時

私が、人生で初めて女性器で膣内射精をした時

私は、何回もソープランドに行って風俗嬢とセックスを経験しても、何故か女性器である膣内で射精出来ませんでした。私は、この時「自分は、女性とセックスで愛し合う事によって、本当の快感や愛情を味わう事が出来ないのかもしれない」といった様な絶望感や恐怖感を感じて、涙を流す事さえ有りました。 そんな私が、人生で初めて女性とセックスを通じて、女性器の膣内で射精をした時は、社会人だった27歳の時です。

私が、人生で初めて女性とセックスをした時

私が、人生で初めて女性とセックスをした時

私が、人生で初めて女性と性交渉をした時は、社会人だった26歳の時です。まず、童貞を捨てる決断に至るまでの過程を説明すると、次の通りです。私は、この当時も彼女がおらず、セックスという経験が有りませんでした。なので、私はこの当時、セックスをする=童貞を捨てるという事は初めて結婚をした女性とするべきである、という気持ちを持っていました。この葛藤に、私はいつも悩んでいました。 そして、当日の風俗に行った一連の過程を説明すると、次の通りです。私は、自宅から近い場所の風俗店をインターネットで探して一番安いお店を見つけ、お風呂に入って身体を綺麗にしてから、そのお店に向かいました。

私が、人生で初めて包茎手術をした時

私が、人生で初めて包茎手術をした時

私は、包茎手術においてこの様な辛い経験をしましたが、今になって考えると、この包茎手術を行って良かったと、心から思っています。何故かというと、まず第一に、この手術によって当初悩んでいた、包茎状態によって外見がとても小さく見える様になってしまっていた、私の男性器の見映えのコンプレックスが、恥ずかしくない程度に改善されたからです。 そして、第二に、手術前から上記に書いた様な辛い事(術後の切除部分の痛みと、摩擦の痛み)は、手術前の説明において起こると医師から言われていたのですが、手術を受ける事によってその不安や恐怖と闘い、最終的に不安や恐怖に打ち勝つ事が出来た、という自信を得る事が出来たからです。

恋愛,セックス,会話を再び意識し出した、高校時代の恋愛状況

恋愛,セックス,会話を再び意識し出した、高校時代の恋愛状況

高校時代の学校の環境が悪かった事がきっかけとなり、女性の存在を利用して、女性からの自分に対する視線や人物評価を意識して行動する様になる事によって、周りの不良な男子生徒達の様にならず、自分自身は「男」として成長して行きたいと考える様になったのです。 従って、この様な高校時代の環境が、当時の高校時代の私を「恋愛,セックス,会話の点で女の子との会話を通じて、精神的に充実した生活を送りたい」といった感情に再び近づけて行ったのではないだろうかと、今になって考えています。