「 恋愛 」一覧

私が、三回目に告白した女性について

私が、三回目に告白した女性について

私が、恋愛,セックス,会話を意識して、三回目に女性をデートに誘い告白した彼女は私に対して、好意を抱いていた訳ではないと思いますが、私に対しては常に笑顔でフレンドリーに接してくれました。私は、女性ながらも男性的なたくましさを見せてくれる彼女に対して、彼女の人間的な魅力を再確認して心底惚れてしまい、恋愛感情を抱きました。

私が、二回目に告白した女性について

私が、二回目に告白した女性について

私が、人生で二回目に恋愛,セックス,会話を意識して、女性をデートに誘い告白したのは、社会人として働いていた28歳の時でした。 その女性は、同じサンドイッチ屋さんで同時期に入社して働いていた、私より多少若い女性でした。 私は、そこの職場において、2か月で辞める事になっていました。その事を、彼女に話したら、私が辞める事に対して凄く悲しんでくれていたので、私は次第に、その様な優しい彼女に対して恋愛感情を抱きました。

私が、人生で初めて女性とセックスをした時

私が、人生で初めて女性とセックスをした時

私が、人生で初めて女性と性交渉をした時は、社会人だった26歳の時です。まず、童貞を捨てる決断に至るまでの過程を説明すると、次の通りです。私は、この当時も彼女がおらず、セックスという経験が有りませんでした。なので、私はこの当時、セックスをする=童貞を捨てるという事は初めて結婚をした女性とするべきである、という気持ちを持っていました。この葛藤に、私はいつも悩んでいました。 そして、当日の風俗に行った一連の過程を説明すると、次の通りです。私は、自宅から近い場所の風俗店をインターネットで探して一番安いお店を見つけ、お風呂に入って身体を綺麗にしてから、そのお店に向かいました。

恋愛,セックス,会話を再び意識し出した、高校時代の恋愛状況

恋愛,セックス,会話を再び意識し出した、高校時代の恋愛状況

高校時代の学校の環境が悪かった事がきっかけとなり、女性の存在を利用して、女性からの自分に対する視線や人物評価を意識して行動する様になる事によって、周りの不良な男子生徒達の様にならず、自分自身は「男」として成長して行きたいと考える様になったのです。 従って、この様な高校時代の環境が、当時の高校時代の私を「恋愛,セックス,会話の点で女の子との会話を通じて、精神的に充実した生活を送りたい」といった感情に再び近づけて行ったのではないだろうかと、今になって考えています。

恋愛,セックス,会話を意識しなくなった、中学校時代の恋愛状況

恋愛,セックス,会話を意識しなくなった、中学校時代の恋愛状況

私は、今になって中学校時代を振り返ると、その当時、恋愛,セックス,会話を意識しなくなってしまい、同級生の女の子に対して心から興味を持たなくなってしまいました。 これは、女性に対して全く興味が無かったという事では有りません。 勿論、同じクラスメートの中で、「可愛いなあ」と感じた女の子もいましたし、可愛い女の子を見れば自然と視線がその子に行ってしまったり、可愛い女の子から話し掛けられれば顔が赤くなってしまったり、緊張して言葉が出なくなってしまった事も有りました。

私が、人生で初めて女性を通じて、恋愛,セックス,会話を意識した時

私が、人生で初めて女性を通じて、恋愛,セックス,会話を意識した時

私が、人生で初めて女性を通じて、恋愛,セックス,会話を意識した時について、お話します。私は、初めて女性に興味を持ったのは幼稚園児の時であると、記憶しています。その時は、気になった相手の女の子の顔が、とても可愛かったという記憶はないのです。 ただ覚えているのは、女性である女の子の「身体」に興味を持ったのを覚えています。